コラム

Instagram
  • コラム
  • 太陽光節税シミュレーション
  • 提携先一覧
  • 採用に関して
  • CSR活動
  • Instagram
  • 048-729-7222
  • メールでのお問合せ
  • コラム
  • 太陽光節税シミュレーション
  • 提携先一覧
  • 採用に関して
  • CSR活動
2024.05.21

「走行税」の導入が検討?!車の「維持費」への影響とは…

近年「電気自動車」や「ハイブリッドカー」などの普及により、燃料税や自動車税などは減少しています。

そうした中で、政府が導入を検討しているのが「走行税」です。

走行税とは、走行距離に応じて課税される方式の自動車税で、自動車関連の税収減少による国の歳入確保が厳しくなったことで、

財源の確保を目的として政府が検討している税金の1つです。

 

 

要するに、車で走れば走るほど納税額が増える税金だといえます。

 

 

 

「1km5円が課税される」というデマ情報が一時期拡散されましたが、

現段階では導入時期や金額について明確な決定はされておらず、導入も確定ではありません。

しかし、走行税は自動車を利用する人だけでなく、交通機関や物流を利用する人など、

自動車の保有に関係なく多くの人の生活に影響する可能性が高いといわれています。

 

では2024年2月時点ではどうでしょう?

走行距離課税は具体的な課税額は、まだ決まっていません。しかし、走行距離に比例した課税が予想されます。

 

仮に走行税が開始された場合どのような対応をとったらよいのでしょうか?

現在では一概に走行税がかかることは絶対ではありませんが、先を見越しての対策が必要になることは確実です。

一概に、車に乗ることをやめよう!だなんて簡単なことではありません。

生活する中において大事な移動手段でもあり、体の一部だともいえる方もいるかも数多くいらっしゃるはずです。

 

では車を乗るのをやめずにどう対策するのか?

ここでEINSができる提案は、走行税が開始されたときに

支払える能力(資金力)をきちんと兼ね備えておくということです。

 

法人の方も個人の方も将来かかるであろうお金に対して何か対策はしていますか?

EINSでは将来的に有効活用できる資金運用をご提案しています。

 

1000の企業があれば、1000の解決策があります。

お客様ごとの状況にあった解決策を1つ1つ丁寧に解決をしていくことができます。

 

是非お問合せよりお気軽にご連絡お待ちしております。

 

ご相談・お問合せはお気軽にお寄せください
お電話でのお問合せはこちら
048-729-7222
受付時間:平日9:00-18:00

メールフォームでのお問合せはこちら

お問合せ

24時間365日受付