コラム

Instagram
  • コラム
  • 太陽光節税シミュレーション
  • 提携先一覧
  • 採用に関して
  • CSR活動
  • Instagram
  • 048-729-7222
  • メールでのお問合せ
  • コラム
  • 太陽光節税シミュレーション
  • 提携先一覧
  • 採用に関して
  • CSR活動
2024.06.17

「県民共済」はどんな人に向いている?普通の保険との違いやメリット・デメリットについて

「県民共済」とは、非営利で営んでいる保険事業で全国47の各都道府県で、分かれて運営されています。
営利を目的としていないことを強みに「家計にやさしい掛金」を実現しています。

県民共済は、死亡保険や医療保険、傷害保険、火災保険などと似たものである
「生命・医療共済」「傷害保障型共済」「火災共済」などを提供しています。
なお、保障プランの詳細は都道府県によって異なります。

全国の共済の加入件数は、合計で2,190万件(2023年3月末時点)となっています。
大手生命保険会社と比べても、決して引けを取らない件数です。

県民共済の特徴として、「手ごろな掛金」「シンプルな保障プランで選びやすい」などありますが、
注意するべき点やデメリットも存在します。

メリット①:家計にやさしい掛金で加入できる

メリット②:性別や年齢による掛金の差がない

メリット③:剰余金が「割戻金」として戻ってくる

デメリット:保障が自由に設計できないので合わない人もいる

自分にピッタリの保障内容を求めるなら、県民共済へ加入するだけでは足りない可能性があるのです。

対して、民間保険の特徴をひと言でいえば、「商品設計の自由度が高いこと」です。
民間保険は、時代やニーズに合わせて様々な新商品を発売していますし、
1人1人に合わせて保障プランの内容をかなり柔軟に設定できる仕組みとなっています。

県民共済は、家計に無理のない負担額で、ある程度の保障を得たい人に向いています。
どの年齢層でも、幅広い保障がお手頃価格で手に入るため、お守り代わりに保障を持っておきたい人にピッタリです。
「自分に合ってそう」と思ったら、加入を検討してみてはいかがでしょうか。

弊社では、FP資格保有者が多数在籍しておりますのでお客様のご要望に沿った最適なご提案が可能です。
お気軽にご相談くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご相談・お問合せはお気軽にお寄せください
お電話でのお問合せはこちら
048-729-7222
受付時間:平日9:00-18:00

メールフォームでのお問合せはこちら

お問合せ

24時間365日受付